寒い日には、スマホを触っていないにも関わらず、バッテリーが消耗してしまいますので、バッテリーを消耗させないための対策をやっておく必要がありますよ。

冬は、理由は不明だと言われていますが、リチウムイオン電池の化学反応が鈍くなるのでバッテリーが減りやすいのだそうです。

寒いと通常時のような放電が邪魔されたり、スマホの動作が不十分になる事によって、スマホが勝手に電源をオフにするという事もあると言われています。

寒さによるバッテリーの消耗は、バッテリー自体の寿命を縮めたり性能の低下にも関係しているとの事ですから、対策としてスマホを温めるのがオススメですよ。

温度の変化による結露は、スマホの故障の原因になりますので注意しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です